携帯デバイスの活用で万が一の際の情報取得を支援する、Nonprofit Organization BrainFarm

Mission

Mission 自らが選んだ指令です。

それは、急速に広がる高齢化社会と進化する携帯デバイスの溝を埋める事。

横浜市南地区センター
高齢化が進む一方で、携帯デバイスの進化は止まりません。この相容れない現状は、これまでの活動で”HELP”をしてきた、シニアの方の困った顔が笑顔になる事でわかります。
少しでも機械が苦手な方達に、携帯デバイスを活用出来るようになってもらいたい! そして、万が一の時に生かせるようになったもらいたい!私たちのミッションは単純ですがこれにつきます。

2011年3月11日

私の住んでいる、群馬県は幸い大きな被害はありませんでした。が、実家のある神奈川県川崎市の母には連絡がつかず、ずいぶんと心配をしました。もちろん、心配だけですんだのは不幸中の幸いだと思います。大勢の人々が津波に流され、尊い命が奪われました。電話が使えず家族や大事な人と連絡が取れない状況。そういった中でも、インターネット回線が使えることがありました。
また、今では無料の通話アプリがスマホでは当たり前の世界です。この、通話アプリを活用しない手はありません。そして、嫌でもスマホは普及しています。

私たちのやっていることは”草の根運動”ですが…

少しでもシニアや障がい者等、情報取得が困難な方のためになれば。これが自分たちで出来る範疇の社会貢献活動です。
スマホの学校の支援をお願いしに、知り合いを通じて様々な方のご意見も頂きました。中には「お年寄りにラジオを配れば良いでしょ?」と、言われる方もいました。ただ私には、何万もの人にラジオを配る資本もありませんし、自分がこれまでやって来たことを生かすことがやりたかったのです。

全ての人に無料講座を開けるようにしたい。

小さなことですが、少しずつ周りに影響を与え力になってくれる方も出始めました。それは、直接「スマホの学校」を運営してくださる方や、ご自身のビジネスから多大なるご協力をくださる方もいらっしゃいます。今後も、ますます増える高齢者が不安にならない楽しい講座を続け、シニア・障がい者に限らず、
“全ての人に無料講座を開けるように” 初心を忘れずに活動していきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2013 - 2017 NPO BrainFarm All Rights Reserved.